ボールパイソン脱皮間近かな | 爬虫類飼育サイト -Dragon's Gate-

爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate-

フトアゴヒゲトカゲをはじめ、爬虫類の生態と飼育方法など

現在地: 爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate- > ブログ > 爬虫類 > ヘビ > ボールパイソン > ボールパイソン脱皮間近かな

ボールパイソン脱皮間近かな

家のボールパイソンが脱皮間近なのか、多い時は丸1日ずっと水入れから出てこないでぬるま湯生活を満喫してます。
というのも、ヘビを飼う上で水入れっていうのが意外と必須条件として入っているため必ず設置しているのですが面白いことによく入る子は水入れが大好きでずーっと浸かってます。
通常は水飲み場としてそこから水を飲む事が多いんですが、体温がない生き物なので上がりすぎた体温を冷やしたりとか乾燥してきたなー肌パリパリじゃっていうときとかに入るってことなんですかね?多分。

ボールパイソンの脱皮の合図

ボールパイソンに限らず、大体の種類のヘビに共通のことみたいですが脱皮前になるといくつか特徴が現れます。

・水入れに頻繁に入るようになる

ボールパイソン_温浴
これに関しては、脱皮する時に皮と身の間に隙間ができてそれをスルスルっと脱いでいくのに水分が必要ってことで水入れに入ることが多くなるようです。
が、全く入らない子もいるのが不思議です。


・目玉が白くなる

ボールパイソン_目が白い
目が黒いタイプ、もしくは目に黒が入ったり暗い色が入る個体においてわかるところですが、ヘビは瞼がないので瞼の代わりに眼球も保護している殻みたいのがあります。
そのアイキャップも脱皮する時に一緒に脱げてしまうので、下の眼球とアイキャップの間に隙間ができて体液が入るのか濁って見えるようになります。
しかし2日ほどするとまた透き通って元通りの色に戻ってきます。
戻ったら数日で気がついたら脱皮してます。


・体色が微妙に汚くなる

上の目玉が白くなるのと同様に、現在ある皮の下に新しいウロコというか皮膚というか皮ができてくると古い一番上の層との間に少し隙間ができます。
そこに体液が流れるので白くくすんで浮いた感じになるようですが、こちらも目と同様に2日ほどで落ち着いて元通りに戻ります。


・あまり餌を食べなくなる

これはよく言われてますが、個体差が結構あるようで脱皮前だろうとなんだろうと食欲がまったく落ちない子もいれば、脱皮前になるとしばらく餌を食べない子もいるようであまり判断の基準にはならないかも知れません。
ただ、そういう兆候があれば体色の変化も含めて見て脱皮なのかなーなんてことも想定できるかなとは思いますのでひとつの判断基準として知っておくといいかと思います。


・ものすごい機嫌が悪くなる

めっちゃぴりぴりして手をケージに入れるだけで噛み付いてくる子もいるようですが、普段から臆病な子だと少し威嚇して隅っこに逃げてしまうことが多いので実際危害を加えたりしなければ特に問題ないかと思います。
脱皮という体にかかわることなので、触ったりすればもちろん嫌がります。

と、いくつか特徴が出てきますが、全部が当てはまるわけではなく個体によって色々とその合図は違うみたいです。
例えば、家にいるコーンスネークでいえばノーマルカラーの愛染さんは脱皮前でもモリモリ平気で餌は食べますが、ものすごい機嫌が悪くピリピリして神経質になるので水を替えようとするとシャッ!とこっちを向いて一番ひどければ鼻先で頭突きみたいなのをしてきます。
元々ちょっと臆病な部分があるので、物陰に隠れるのが好きなのか、はたまた湿度の確保なのかはわかりませんが水入れに入りっぱなしで年中お風呂状態になります。
一方スノーの雛苺はそういったそぶりもなくただ目が白くなり餌を食べなくなるという結構曖昧な感じで気がついたら脱皮します。
まず水に入ることがなく、一度も水入れに入っているシーンを見たことがないので夜中に入ってるのか本当に入ってないのかは謎です。
特にアルビノなので眼が赤ピンクだし、体はもともと白いので体色の変化に関してはあまり見た目にはわかりません。
ボールパイソンの軍荼利さんはもともと非常に温厚なのかまず怒ることもないし気を荒立てることもなくマイペースにのほほんとしているため、脱皮兆候としては目の白さと水入れに入る頻度くらいしかよくわかりません。

ブログランキング参加しています。押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

カテゴリー : ブログ, ヘビ, ボールパイソン, 爬虫類
タグ : ,
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket