カエルがパンパンに! | 爬虫類飼育サイト -Dragon's Gate-

爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate-

フトアゴヒゲトカゲをはじめ、爬虫類の生態と飼育方法など

現在地: 爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate- > ブログ > 両生類 > カエル > ツノガエル > カエルがパンパンに!

カエルがパンパンに!

ツノガエル系のカエルを飼っていると、餌としてあげるものが結構ネックになってくるかと思います。
ショップでは、とりあえず「虫、マウス」の類をオススメされます。
本なんかを見ると、人工飼料で一生大丈夫みたいなことも書いてあります。
これに関しては、必要な栄養素が全部入ってるんだと解釈すればいいんですが・・・
カエルは死因の多くが太りすぎによる内蔵の圧迫って聞いたことがあるので、あまり太らせても逆に短命になっちゃうのかなとも思います。
それを回避するには良く聞く幼体は週○回給餌、生体は週○回給餌っていう謎のルールを無視しちゃえばいいんですよね。
そもそも野生の子たちは決まった日に餌を食べれないので、目の前を通りすがったらパクっと食べる生活をしてるから人間が周期を決めて餌を定期的にあげると生活のリズムというか健康のバランスが崩れてしまうのかなと思います。
特にカエルは非常に頭がパーな生き物なので、お腹がいっぱいでも本能的に目の前に餌があれば食わざるを得ないからいくらでも食べる、死ぬまで食べるとか言われてます。
その話もいささか信じがたい部分ではありますけどね。
いくらパーなカエルでもお腹いっぱいになったら食べませんし。
バジェットガエルとツノガエルは途中でそっぽ向いて餌残します。

ツノガエルは人工飼料で膨らむ

ツノガエルを飼ってるとどうしても人工飼料をあげる頻度が多くなってきます。
もちろん、それで一生問題無いってメーカーが言い切ってるならカエルとしてはこれ以上無いいい餌にはなるんですが、ふとある事が起こって何だこりゃ!?ってなりました。
すでに5歳半を過ぎたバジェットガエルがいますが、彼にはあまりマウスを与えずにカエルの人工飼料+時折マウスっていう形であげていますが、そんなことは起こってませんでした。
なんですが、ツノガエルだけはどうしても・・・給餌後に起こります。
なんか見るからにパンパンになってて風船かよ!みたいな感じです。

IMG_8162

これ、ファンタジーツノガエルのねりわさびちゃん♂ カエルになって約1年です。
ひゃーパンパンだ!
よく見ると腹の左側の膨張が大きいんで、胃なのか腸なのかちょっとレントゲンとか解剖図とか生物の医学書とか見てみないとわからないですがなんかただ事じゃない事態な気がしますねこれは。
ペットショップのお兄さんに相談しても、人工飼料メーカーではカエルが給餌後に膨らむ事について認識していないらしくて、そんな事例聞いたこと無いと言われたって言ってました。
更にはそのペットショップのお兄さんも、僕も初めて聞きましたね、飼育環境とかに依存するんですかね?
と言ってたのでもしかしたらウチだけなんですかね・・・?

このまま命に関わる様な事ではないと思うので恐らくは人工飼料の成分が体内で発酵するのかガスが溜まってる状態だと思うんで様子を見る感じですが。

ブログランキング参加しています。押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

カテゴリー : カエル, ツノガエル, ブログ, 両生類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket