フトアゴヒゲトカゲの価格 | 爬虫類飼育サイト -Dragon's Gate-

爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate-

フトアゴヒゲトカゲをはじめ、爬虫類の生態と飼育方法など

現在地: 爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate- > 爬虫類 > トカゲ > フトアゴヒゲトカゲ > フトアゴヒゲトカゲの価格

フトアゴヒゲトカゲの価格

フトアゴヒゲトカゲは前述のとおり、国外輸出をしていない生き物なのでオリジナルはほぼ手に入りませんから、全ての固体が国産かアメリカ産の個体になっています。
ちなみに、ウチの子は純国産の雑種ばかりです。
値段の相場はピン~キリまであります。
ウチの子は雑種なので、ペットショップで1万円でしたが、血統のいい個体になると、一頭10万は軽く超えます。
特に、クリアネイル、クリスタルネイル系(爪が白かったり透明だったり)は人気があって高いです。
いつか、鱗の透き通った真っ白で色白の♀個体をショップで発見しましたが、780000円という値段がついていました。
雑種といえばほぼ雑種になるのですが、よりオリジナルに近いノーマルタイプの子であればそこまでの値段はしないと思います。

フトアゴヒゲトカゲはなぜ高い?

フトアゴヒゲトカゲは一般的なトカゲに比べて値段のばらつきが激しいです。
ノーマルタイプ(オリジナル)がほぼ流通していないことを考えると各国のブリーダーたちによって品種改良された色がきれいなもの、白目がなく目が真っ黒のもの、シルクバックなど棘がなくつるっとしているもの、鱗がなく肌が露出しているものなどさまざまな品種があります。
特に多いのはカラーバリエーションで、黄色や赤、白やトランスルーセント(半透明っぽいやつ)なども多々ありますので好みの色などから選ぶのもいいかと思います・・・お値段は張りますが。
よく、フトアゴ飼いの人に「色の組み合わせ考えないなんてバカだ」とか、「そんな色買っても金にならないよ」なんていわれますが、フトアゴでビジネスするつもりもないですし、ノーマルでいいんです。
これは爬虫類全般に言えることですが、色の組み合わせを考えていい色ができたら高く売れる!っていうのも事実ですし、そういう人を否定するつもりもありません。
が、純粋に好きで飼ってるのをそういう人たちに否定されるのも筋が違うと思いますしね。
そういった意味で、高い個体はめちゃくちゃ高いし車一台買えるほどの個体もかつてはいたそうです(20年ほど前の物価を考えたら珍しい生き物だから妥当なのかもしれませんが)

ブログランキング参加しています。押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket