バスキングスポット | 爬虫類飼育サイト -Dragon's Gate-

爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate-

フトアゴヒゲトカゲをはじめ、爬虫類の生態と飼育方法など

現在地: 爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate- > 飼育用品 > バスキングスポット

バスキングスポット

バスキングスポットは昼行性の爬虫類(主にトカゲ)の飼育に必要な、保温器具の1つです。
いわゆる、白熱電球と同じ用途で使われる事が多いもので日中の爬虫類の体温をあげるための役割をします。
日光浴をするための太陽光の熱の部分を担当するアイテムです。
サーモスタットがあれば26度以上32度以下などで設定しておく事で電球が切れなければそのままずっと使って行くものになります。

バスキングスポットについて

一般的にはバスキングスポット・バスキングライト・バスキングランプなんかの名称がつけられていて色々なタイプのものが売られています。
主に爬虫類系の飼育用品メーカーのものが多いですが、バスキングスポットの目的としては保温なのでぶっちゃけ光なんかでなくても問題無いです。
必要なのは温度であって、明るさではないので。

とは言え、昼行性の爬虫類は光を感じる事で目を覚ましたりもするため、光はもちろん必要です。
ただ、光に関してはまた別の器具が必要になってくるのでそれは別の項目で。

バスキングスポットのタイプ

主に電球型のものになってるので、基本的には水槽に固定出来るクリップまたは蝶ネジが付いたソケットを使ってケージに固定します。
なので、電球単体で購入してももちろん使えません。
ただ、売っている時はセットで売っているものもあれば、別々に売っているものもあるのでソケットを持っているのであればソケットの対応ワット数を調べて、またケージの大きさに比例して必要ワット数も増えて来るためその水槽にあった電球とソケットを購入しましょう。

バスキングスポットはこちら
昼行性の爬虫類の飼育には必需品ですが、重要なのは光ではなく照射熱なので光の出ないひよこ電球や、白熱電球を代用しているという人もいます。
よくある電球タイプのものと、電球内に金属のメッキがしてあり照射範囲が広がっているものもあります。

ブログランキング参加しています。押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

カテゴリー : 飼育用品
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket