ヘビが水から出てこない | 爬虫類飼育サイト -Dragon's Gate-

爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate-

フトアゴヒゲトカゲをはじめ、爬虫類の生態と飼育方法など

現在地: 爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate- > ブログ > 爬虫類 > ヘビ > ボールパイソン > ヘビが水から出てこない

ヘビが水から出てこない

ヘビが水から出てこない

ヘビを飼ってると、多々水入れに入ってるのを見かける事があります。
つっても、お風呂兼水飲み場みたいな感じだし、入れときゃいいか的な感じなんですが定期的に水を変えてあげることが大事です。
野生のヘビはそのへんの池の水飲んでんだから大丈夫じゃんと思いますけど、池とかの土とか微生物とかバクテリアとかそういう条件が揃ってればある程度浄化されてて飲めるんでしょうけど、家の場合はただの閉鎖された空間に水が入ってるだけなんで汚れたら汚れっぱなしになるからまた別の問題です。

色々話すと、ヘビって水飲むの!?とか驚かれることありますけど前にも書いたようにヘビは結構水飲んでるシーンを見かける事が出来るので比較的良く水飲みます。
ぶっちゃけトカゲより水飲むんじゃないかと思うんですが、うちのトカゲはフトアゴなんで野菜食ってるし比較にはならないですな。
例えば、子供の頃に呼んだりする生き物の飼育の本みたいなのにハムスター、鳥、熱帯魚、昆虫が来て最後の方にちょろっとカメとヘビとカナヘビの飼い方が載ってたりします。
そこにも

・水入れは必ず入れる
・ヘビは力が強いのでレンガで重しを載せて金網を乗せる

って書いてあった気がします。
更に言えば、その本にはゴキブリの捕まえ方とか飼い方も書いてあった気がしますしあんま一般的な本じゃなかったのかも?
小学館だった気がするんですけどねー。

で、なぜかうちのパイソンくんが水入れからここ数日出てきません。
いわゆるタマフミズニシキヘビに進化してしまったのかも知れませんが、脱皮前なのかどうなのか。
コーンスネークみたいにその辺ウロチョロして動きがあれば目の色とかうろこ浮いてんなーとかわかるんですが、1日どっしりして置物状態のボールパイソンだとその辺どうしても開けて掴んでみないとわからなかったりするんですがまぁほっとけば勝手に脱ぎ始めるだろうからほっときましょうw

ちなみに、水入れに入ってますがたまに頭を下にしてアナコンダみたいな潜り方しててこいつ溺れるんじゃないかと思うことがありますが、10分くらいしてまた見ると今度水面から鼻出てるんであの中で動いてるぽいのであんま気にしなくて平気みたいです。
何日かしたらいつの間にか朝起きたら脱ぎ捨ててあるなんてこともしばしばあるんで。
最近は綺麗に一本脱げないでビリビリになってケンシロウ脱ぎしちゃう時もあるんですが、あれは一体何が原因なのかわかりませんね。
一説には湿度が足りないとパリパリでそうなるなんて意見もありますが、水入れをこぼしてしまうから一度取り上げて水入れてない時期に乾燥してる状態で脱皮した時は綺麗に一本脱げたのに今度は水入れを入れてお風呂状態で何日も過ごしてたのにケンシロウだった時もあるんで一概にはなんとも言えなさそうな気がします。

ただ、一本綺麗に脱げたらちょっと嬉しいですよねw

ブログランキング参加しています。押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

カテゴリー : ブログ, ヘビ, ボールパイソン
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket