へびに噛まれたよー | 爬虫類飼育サイト -Dragon's Gate-

爬虫類飼育サイト -Dragon’s Gate-

フトアゴヒゲトカゲをはじめ、爬虫類の生態と飼育方法など

へびに噛まれたよー

爬虫類などの生き物を飼ってると大体ついて回ってくるのが、噛まれるっていうお話。
良く友達やらに「噛まないの?」って聞かれますが、噛む時は噛みます。
そりゃ生き物だもの。

ということで、うちのボールパイソンに噛まれましたとさ
まぁ事故です事故、いわゆる事故ってやつ。

いつものようにエサをあげてたんですけど、マウスあげてる時に噛みが浅かったのか落っことしちゃって探してる時にピンセットで拾ってやろうと思った瞬間

シュバッ!

って親指に何か重みが、と思ったらもう食いついてるというw
あの体の重さと手足がないのに一瞬で噛みつけるってものすごい筋力じゃないですかね。
多分あれですね、落っことしてたマウスの温度が下がって指の体温の方が高かったのか、熱源が動いているぞ!ってことになって指に噛み付いて来たのだと思います。

その後ムグムグとやってても巻き付けないしすぐ諦めて離したんですが、カリフォルニアキングスネークとかだとそのまま指飲み込もうとするらしいですね。
カリキン飼ってる知り合い数人がそんな事言ってたので個体差というより、種によるのかも?と思うことはありますが、パイソンはすぐ離しました。
これは食えるものじゃないのかも?的な感じで。
まぁ普通に考えたらエサモードのスイッチの時にマウス落として、それを横取りされたからでしょ!って思う人も多いと思いますが、どちらかと言うとへびはさっきまであった熱源が消えたと思ったらここにあったー!という方が近いかなーと思います。
あくまで憶測ですが。

パイソンは大人しいからまず噛みません!って言ってるショップの人とかいるけど、それはそれで問題ですよね。
相手は生き物だから何があるかわからないのに、過信してるのはどうかと思います。
逆にこういう事したら噛まれるとか、生態とか教えて欲しいものです。

とは言え、ガブガブ噛んでくる様なヤンチャな子はショップでそもそも販売が出来ないような暴れん坊なんでなかなかいませんが、国産だと捕まえてきたやつはいますよね。
特にシマヘビなんか性格があまりよろしくないので、何かにつけて噛みます。
アオダイショウの大人しさを少しは見習え!って思うくらいシマヘビは何か性格がよろしくない気がします。

それと同様かどうかはわかりませんが、もちろん個体差はあるにしろ100%噛まないなんてことは有り得ません。
ただ、噛まれたことがない人はそれ相応の対応をしていて、噛まれる人はそれ相応の対応をしているという事が多かったりします。
例えば、へびで言えば触る時に顔の前に手を出したりとか、頭を撫でようとしたりとかすると噛まれる確率がすごい上がります。
飼う以上は噛まれる覚悟もしておかないとですよね、いつ噛まれるかいつ事故が起こるかわかりませんし。
いくら注意してても、うっかり行動をミスると噛まれちゃう事もあります。

毒蛇じゃないので、噛まれたところでたかが知れてますけどね。
普段マウス食ってるし、口内細菌は確実にあるからちゃんと消毒して対処しておかないと大変なことにもなっちゃうかも知れません。
ちゃんとしてても2週間くらいは傷口が炎症してたりするので、無毒のへびでもなかなか侮れません。

ブログランキング参加しています。押してもらえると励みになります。
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ

カテゴリー : ブログ, ヘビ, ボールパイソン, 爬虫類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket